SAEKO OFFICIAL SITE

PERSONAL MAKE LESSON

基本的なメイクの間違い5選

コラボメイクセミナー紹介

全4回のメイクセミナー。次回がついに最終回!第4回目は9月22日(土)です! ラストはベースメイク♪美しいメイクのためには肌つくりが最も大切です。透明感のある艶肌をぜひマスターしてください! このセミナーは人生転換コンサルタントの岡山理恵さんとのコラボ企画なので、ただメイクの仕方を習得するだけではありません。『自分の魅力に気づくことで、自分を好きになり、人生を前向きに送れること』を最大の目的としたメイクセミナーです! 只今、お申し込み受け付け中!!
コラボメイクセミナー紹介

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

基本的なメイクの間違い5選

こんにちは、Saekoです。

メイクのやり方って色々ありますが、きちんとやり方を教わった方って結構少ないですね。雑誌や友人から聞いて色々と試している方も多いと思います。そんなメイクに失敗しないように、今日は美容部員だった私が、メイクレッスンをしていく中で多かった基本的なメイクの間違いやポイントをに書いてみました。それではご紹介いたします。

 

1.アイシャドウについて

 

アイシャドウのパレットタイプを買うと必ずついているのが、チップとブラシ。

これをそのまま使っていませんか?

出先でお直しする時には便利かもしれません。でも出先でアイシャドウまで直す人はなかなか少ないと思います。

付属のチップだとなぜダメなのか?

一つは小さいので柄の部分、つまり指で持つところが短いので長いものよりも力が入りやすいのです。

力が入ると思うように発色しないですし、きれいにまぶたにのりません。また、圧をかけることで皮膚をこするようになり、肌への負担になります。

ほとんどの方がメイクをする時の力加減が強いのですが(自覚ない方がほとんどです)、小さいチップだとさらに力が強くなってしまうので、アイメイクがうまくいかないのです。

二つ目は、チップが小さいことで手の動きが小さくなり、ちょこちょこつけてしまうのです。

そうすると、境目がたくさんできてしまうので、ムラになり、やはりアイシャドウがきれいにつけられません。

きれいなグラデーションも出しにくくなります。

逆にブラシを使って軽い力でのせるときれいにつくのでメイクの仕上がりが断然よくなりますよ!

 

A アイシャドウは付属のチップではなく、きちんとしたブラシを使用する

 

2.ファンデーションについて

 

アラフォーにもなってくると色々とお肌悩みが増えてきます。

ファンデーションはお肌をきれいに見せてくれるアイテムですが、カバーしようと思うとしっかりつけてしまいがちです。

特にフェイスラインまでしっかりファンデーションをつけてしまうと厚塗り感がでてしまい、のっぺりしてお顔も大きく見えてしまうんです!

ファンデーションは頬の中心にしっかりつけることで頬につやが集まり、立体感を出すことができます。フェイスラインは残ったファンデーションをうすくのばすくらいで大丈夫です♪

 

A.ファンデーションは顔全体に均一に塗らない

 

3.唇のケアについて

 

皮膚が特に薄くてすぐカサカサになる唇。

リップクリームでこまめに保湿している方も多いでしょう。

口紅を塗るときに、唇が乾燥しているからといってリップクリームをつけてから口紅をつけていませんか?

保湿はもちろんした方が良いのですが、リップクリームは油分が多いので、口紅が取れやすくなってしまうのです。

口紅のもちと仕上がりを美しくするためにも、美容液成分が入った下地、リップベースを使うのがオススメです♪

日中や寝る前のお手入れでリップクリームを使う時のポイントですが、唇はタテにシワが入るのでリップクリームもシワを埋めるようにタテに動かすか、円を描くようにつけるとシワの中までしっかりケアできますよ。

 

A.口紅の前にリップクリームは使わない

 

4.眉の描き方について

 

意外と多いのが、眉をペンシルのみで描いている方。

眉をペンシルだけで描いてしまうと、眉が濃くなって不自然な印象になってしまいます。

今はふんわりナチュラルな眉がトレンドなので、自然に見えるためにもパウダーは必須です。

ペンシルはアウトラインや、眉尻で使います。また全体的にうすいところを描き足すときには眉毛を1本1本描き足すように描くと、毛流を感じられ自然に仕上げることができます。

眉毛の色が濃い方は、眉マスカラを使って明るくしましょう。

これからの季節眉尻が消えてしまう!という方は、眉用リキッドペンシル+パウダーを重ねると落ちにくくなるので、夕方眉がない!なんて事もなくなりますよ♪ぜひ試してみてくださいね。

 

A.眉をペンシルのみでなくパウダーを使う

 

5.まつげについて

 

目をぱっちり大きく見せるためにマスカラは重要ですが、その前にまつげをビューラーでUPさせますよね。

上向きまつげにするために、ビューラーでまつげの根元からしっかり上げる際にひじを上げながら3段階くらいずらして上げていきましょうと言われていますが、これをやると、その瞬間は上がるのですが、時間が経つと下がってきてしまいます。

まず、ビューラーでいつものようにまつげの根元をはさんだら、そのまま引っ張りながら下にずらしていくとクルンと上向きカールが完成し、しかも持続してくれます。

 

A.まつげは根本からビューラーで上ではなく下に引っ張る

 

当たり前のことかもしれませんが意外と多くの人が間違ったメイクをしています。あなたはいかがでしたか?

基本的なメイクのポイントを押さえることで、よりスピーディに美しくなれますよ♪是非、参考にしてみてください。

 

読んだだけでは、うまく実践できない!という方は、プライベートメイクレッスンかメイクセミナーへお越しください♡

詳しくはこちら☞

7月28日(土)『自分を好きになるためのメイクセミナー(アイメイク編)』

友だち追加

お問い合わせ・ご質問もこちらへお気軽にどうぞ♪

 

About The Author

SAEKO/イメージコンサルタント
大学卒業後、大手フードサービス会社へ入社。
その後、大手化粧品会社に転職する。
美容部員として、10年間で接客した人数は約2万人。その内1万人以上にメイクを行う。メイクやカウンセリングを通して多くの女性と触れ合う中で、肌悩みが心の悩みに通じており、多くの女性が自分の魅力と可能性に気づいていないことを感じ、女性の魅力を引き出す仕事がしたいと
考えるようになる。美容部員時代の実績が認められ美容部員を束ねるリーダー職に。チーム・ビルディングの楽しさとやりがいに目覚めメンバー育成、リーダーシップのスキルを高める。より女性がトータルで美しくなるアドバイスができるようにイメージコンサルティングを学ぶ。現在はフリーでパーソナルメイクレッスンやセミナーを中心に活動中。
Follow :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください